lodec.jp
<お知らせ>古民家ゲストハウス梢乃雪のぐっさんが、スタッフを卒業します。今までありがとうございました。 | LODEC Japan
日頃より古民家ゲストハウス梢乃雪をお引き立ていただきまことにありがとうございます。 本日は皆さまにお知らせがございます。 表記のとおり、この程梢乃雪のスタッフであるぐっさんこと山口健太が梢乃雪のスタッフを卒業することとなりました。 冬の訪れが例年より少々遅い北アルプス山麓はど田舎小谷村の山中よりこんにちは。 LODEC Japan代表/古民家ゲストハウス梢乃雪宿主のたつみです。 本日は皆さんにお知らせがございます。 3年前のゴールデンウィーク真っ只中より梢乃雪のスタッフを3年半務めてくれた ぐっさんこと山口健太が、2015年末をもってスタッフを卒業するはこびとなりました。 これまで梢乃雪をお引き立ていただいた皆さまの多大なるお力添えに深謝いたします。 また、これまで梢乃雪を切り盛りし日本中からたくさんの人々を受け入れたぐっさんの功績を讃える次第です。 梢乃雪のこれまで ぐっさんのこれからと梢乃雪のこれからの話の前に ちょっとだけ梢乃雪のこれまでの話と、ぐっさんのこれまでの話を綴らせていただきます。 梢乃雪は2011年4月より、当時は全国でも珍しい田舎地域/山間地域でのゲストハウス運営を開始いたしました。 当時はいまでは想像できませんが、LODECのハイパーメディアクリエイター(笑)さかもっちゃんが宿の人を務めておりました。 ゲストハウスのいろはなど全くもって認知していない私たちは、2010年秋には旅館業の許可を取得しているにも関わらず「HPできたら宿、始めよう。」とのんびりと2011年を迎えたのでした。 2011年4月 初めてのゲストさんが訪れ、この日より梢乃雪は「宿」としての歴史を歩み始めました。 にも関わらずその日付が不明なところはご愛敬ということで。笑 2011年5月 「なにもない。が、ここにある。。」 梢乃雪のチラシ第1版が完成し、いたるところにこれをまいたのです。 この頃からチラシをもって長野県内のゲストハウスさんに訪れ交流をし始めました。 ちなにこの当時既に営業していたゲストハウスは、安曇野「地球宿」長野市「1166BP」のみで(森と水さんは梢乃雪と同時期に営業開始したのかな?)その後立ち上がるたくさんのゲスハウスのオーナーさんともこの頃から交流をさせていただきました。 東京にもたくさんのチラシをもって出かけました。