lodec.jp
アインとお別れした日〜人に愛された自慢の愛犬でした〜 | LODEC Japan
アインとお別れした日〜人に愛された自慢の愛犬でした〜 皆さまにお知らせ致します。 古民家ゲストハウス梢乃雪/屋号栗元の看板犬であり、愛犬であるアインは 2015年7月5日(日)午後4時頃、事故により亡くなりました。 本日、この記事を通して皆さまにお伝えいたします。 梢乃雪に来られる人々を出迎えた犬、ウェルシュコーギーペンブロークのアイン。 梢に訪れる ‘全ての人’ を待ち構えては出迎えて、飛びついては人々に愛想を惜しげもなく降り舞いていた我が家の愛犬であります。 胴が長く脚が短く、それでいて運動能力の高いコーギーは牧畜犬として役目の担う犬。 本当は気性が荒く吠えることが仕事の犬なのです。 なのに。。 いかがでしょうこの気の抜けた表情。 看板犬として人なつっこさと社交性の能力がとてつもなく高かった愛犬は、 番犬としては全く役立たない犬でありました。笑 人のことが大好きで ‘可愛こぶることが自身の役目だ!!’ ということを認識していたかのように、それはそれは看板犬として人々を迎えては、愛され、愛に溢れる犬でありました。 アインのことを可愛がってくれた全ての皆さまに、心より感謝いたします。 アインのこれまで アインは2009年3月20日に我が愛犬となりました。 私と元嫁さん(私はバツイチです。笑)が小谷に移住するときに、 私の母が元嫁さんに「小谷での生活が寂しくない様に」と、プレゼントしたのがこのアインでした。 私が好きなアニメに登場する犬のキャラクター【アイン】が私はとても好きで、 犬をプレゼントしてもらうこととなった元嫁さんに私が「犬を飼うならアインがいい!!」と駄々をこねたことがきっかけで、 私たちは理想の【アイン】を探すこととなったのです。 コーギーのことを全く知らなかった私たちは、ペットショップ数軒を周り小さな可愛いコーギーの中から理想のアインを探したのですが。。 コーギーって気性が荒いのね!! ゲージから出されるやいなや走り回り吠えるコーギーたち。 ペットと、いうよりも獣。。可愛いんだけどさ。笑 そんなこんなで数匹の可愛いコーギーちゃんとご対面するも結果は同じ。 コーギーは難しいのかな〜。なんて彼女と話していた矢先。 たまたま移住用の買出しで立ち寄った滋賀県の大きなホームセンターの一角にペットショップが。 期待せずに除いたガラスの向こうには!!