koncent.net
昭和32年創業 宮川製菓 ニッキ飴のこだわり
今回は、ニッキ飴が大人気の宮川製菓。ニッキ飴の美味しさの秘密や、飴屋になったきっかけなど、弊社代表の名児耶とお話して頂きました。 宮川製菓の商品ページはこちら >> *左:アッシュコンセプト代表 名児耶 右:宮川さん ■宮川製菓が作るニッキ飴の美味しさの秘密 名児耶: 最近の飴は、ニッキの味がしないものが多いのですが、宮川製菓さんの飴は、しっかりニッキの味がしますよね。僕は、宮川製菓さんのニッキ飴を初めて食べた時、美味しくて止まらなくなった。蔵前のお店に来てくれた海外の方も「美味しい」と言ってくれますよ。 宮川さん: それは嬉しいですね。ニッキの味がしないのは、機械で作られている飴が多いからでしょう。機械で作ると真空型を使うことが多いので、水分が飛んでしまい、生地がドロっとした硬いものになってしまいます。そうなると、硬い生地しか作れないので、何かの味を追加して混ぜるのはとても大変なんです。だから、どうしてもニッキの味をしないものが多くなるんです。 その点、手作りなら水分が多いものも作り出せます。香料やシナモンなどを混ぜることが可能なので、しっかりとしたニッキの味を楽しめる飴が作れるんです。 また、いつも美味しく味わって頂きたいので、暑い時は溶けずらく、冬場は口溶けしやすくするなど、季節に合わせて調整もしています。それも手作りだからこそできる事、こだわっているところですね。 名児耶: STRONG(ストロング)だったり、MILD(マイルド)だったり他の味も作って頂いているのですが、これも手作りだからこそ味の加減が出せるんですよね。 *左から MILD / MEDIUM / STRONG 宮川さん: そうですね、いわゆる塩梅ですかね。STRONGは、名児耶さんが辛いものを欲しいというので試してみました。そこで唐辛子を入れて作ってみたら、凄く良かった。 名児耶: ぼくは車で眠くなると、これ(STRONG)を食べて、目を覚まします。 宮川さん: 私は、舌が少しヒリヒリするぐらいですよ。笑。 名児耶: そうなんですね。笑。