kazuasahi0914.com
理学療法臨床実習について思うこと | 理学療法とマイル
理学療法士・作業療法士の臨床実習、避けては通れない茨の道であるということは皆さんご存知のとおりです。 私も、学生時代には辛い思いをしたものです。 もちろん、担当してくださったスーパーバイザーやその他のスタッフの方には本当にお世話になりました。そこは間違いない部分です。ただでさえ、普段の病院・施設業務で忙しい中に右も左も分からない学生を受け入れてくださって多忙になるわけですから、本当に申し訳なくありがたい気持ちになりました。 これは、学生時代だけでなく就職後新人の頃にも思いましたね。 理学療法実習8週間分の時間は、ものすごい可能性を秘めている 臨床実習は、1クール8週間前後である学校が多いと思うのですが、1日8時間程度は病院・施設に拘束されます。実際には、デイリーノートや症例レポートなどの課題がありますので、実質的には、拘束時間はもっと長いものとなるでしょう。 土日は休みだとして、8時間✕5日✕8週間=320時間! 320時間ですよ!?これすごい量ですよ。圧倒的な時間量です。 ちなみに、中学校の英語授業の総授業時間ってどの程度かご存知ですか? 約300時間です。中学校の英語の知識があれば日常生活で話す英語には困らないとよく言われますね。 あと不動産の業界で働くために必要となる、宅地建物取引士の資格取得に必要な総勉強時間が、やはり300時間程度と言われているそうです。 これを見ると臨床実習にすごい量の時間が割かれていることが分かりますね。 上記のようなスキルがあれば、他の業界でも働けるのでしょうが、そういった他の何者かになれるかもしれない可能性を切り捨てて、学生は理学療法士に向け厳しい臨床実習に臨んでいます。 でもね、理学療法の臨床実習ってスーパーバイザー次第で学習効果がびっくりするくらい変わる! 当たり前といえば、当たり前ですが学生の頃の経験と、指導者になってからの経験から強くそう思うようになりました。 見学は難しい学習方法 例えば、次のようなことは、よくあると思うのです。 『じゃあ、午後は他のスタッフの見学しておいてねー。』 自分も学生の頃に頻回に言われました。