kazuasahi0914.com
そろそろ理学療法士と給料について国立大卒理学療法士が本気で答えてみるか | 理学療法とマイル
おはようございます、アポロンです。 私の職業は理学療法士。 主には、病気やケガをしてなんらかの障害(一時的であったり、後遺症として残ることもある)を抱えた患者さんと一緒に社会復帰を目指す仕事です。 脳梗塞の半身麻痺や骨折などに対するリハビリがすぐにイメージ出来ることでしょう。 しかし、現在は、もっとリハビリの範囲は拡大していて、いわゆる内臓器疾患の患者さんに対してもリハビリテーションは広く行われており、有効とのエビデンスも多く出ています。 また、予防・スポーツなどの分野でも広く活躍の場を持っています。 内部障害に対するリハビリテーションとしては、天皇陛下が行った心臓リハビリは、一時社会の大きな話題となりましたよね。 一人の人間として、困った患者さんに手を差し伸べ、共有した目標に向かいともに時間を過ごすことは、本来備わっている根源的な人間性を充足させるためなのか、QOL(Quolity Of Life)を非常に高く保てることが特徴だと日々感じております。 そのような影響からなのか、理学療法士養成校には社会人経験を経て入学してくる学生が後を絶ちません。さまざまな職種の方とお会いしてきましたが、製薬会社MR、医療機械メーカーサラリーマン、経理担当事務職員、公務員・・・となんとも色々な分野からさまざまな人が理学療法士を目指して学校に入学します。 みな、理学療法士の、人と関わりあい、人に手を差し伸べながら一緒に頑張っていくという点に魅力を感じている方が多かったように思います。 給料が安い!? 確かに、通常に勤務を続けることでは、そこまで高給とりになれるわけではありません。 平成27年に厚生労働省が発表している調査結果を参照すると、以下が目安となります。 これは、以前の記事でも掲載しましたね。 平均年齢 平均年収 平均月収 平均年間ボーナス 31.9歳 約410万円 約29万円 約65万円 そこまで悪いわけでは無いと思います。よっぽど贅沢しなければ、生活をしていくことについては、そこまで支障無いのではないでしょうか?もし、同じ職場で同様の職業の方と結婚でもすればそれだけで世帯年収は800万円以上となり、生活は随分と安定するでしょう。