kazuasahi0914.com
理学療法実習レポート書き方-統合と解釈- | 理学療法とマイル
理学療法士の免許をとって早いもので◯年。臨床実習指導者として何人も学生を担当してきました。私自身も大変に苦手でしたが、今の時代の学生さんも、やはりレポートをまとめる事が苦手なようです。 特に、『統合と解釈』と『考察』については、書き方が分からないと悩む学生、何だか見当違いな事を書いているような学生が少なくないので、私の経験から少しアドバイスさせてください。 ※この記事は、図などが大きくわかりやすくなりますので、PCから見ることをお勧めします。もちろんスマホからでもOKです。 レポート作成はなぜ大変なのか? これは、まず結論から言いますと、学校教育でほとんど指導されないためです。私もこのレポート作成については十分な教育を受けた覚えがありません。教えてもらっていないのに、いきなり実習に行って患者さんを担当して、スーパーバイザーが期待するレベルで書かなければいけないわけですから、それは大変でしょう。 でも、やっぱり実習を良い成績で乗り越えようと思うと、これは避けては通れません。なぜならば、スーパーバイザーは、臨床実習で学生の皆さんを指導する時に、レポート内の統合と解釈、考察を非常に重要視しているからです。 特に統合と解釈は、理学療法士になるために、臨床実習で身につけなければならない、最も大切なことと言っても過言では無いと考えています。一回、わかってしまえば本当になんてことない概念(ただし、本当に自分の解釈があっているかどうかについては簡単ではありませんよ)なのですが、ここを理解できない学生も少なくありません。 『統合と解釈』と『考察』の違い 大切なことは『統合と解釈』と『考察』は別物であると認識することです。 統合と解釈と考察をまとめて書いてくる学生がいますが、私が担当する学生には分けて書くべきであると指導しています。まず統合と解釈が何かということが非常に重要でして、初めに定義を確認しましょう。 個人的には、西守らの定義がしっくり来ますので以下に紹介します。 統合と解釈とは、患者の動作能力のレベルと検査結果との因果関係を結びつける作業である。 西守隆、大工谷新一.評価における統合と解釈.関西理学4:37-41.2004