kazuasahi0914.com
第5回日本運動器理学療法学会学術集会に参加してきました。 | 理学療法とマイル
2017年9月23~24日に札幌で開催された第5回日本運動器理学療法学会学術集会に参加してきました。今回は残念ながら自身の発表はなかったのですが、大変勉強になりました。 講演の内容などを私なりにまとめてみたいと思います。 今回の特別講演プログラム 特別講演Ⅰ テーマ 「運動器障害による疼痛に対する理学療法」 講師 鈴木 重行先生(名古屋大学大学院) 司会 対馬 栄輝先生(弘前大学大学院) 特別講演Ⅱ テーマ 「腰部障害に対する運動療法」 講師 伊藤 俊一先生(北海道千歳リハビリテーション大学) 司会 山崎 肇先生(羊ヶ丘病院) 特別講演Ⅲ(徒手理学療法部門) テーマ 「日本スピードスケートナショナルチーム帯同におけるマニュアルセラピストの役割」 講師 佐伯 武士先生(株式会社ELT健康増進研究所) 司会 竹井 仁先生(首都大学東京大学院) 特別講演Ⅳ(ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門) テーマ 「女性の体幹機能をどう捉え、アプローチするか」 講師 石井 美和子先生(Physiolink) 司会 山本 綾子先生(甲南女子大学) シンポジウム テーマ 「運動器障害に対する理学療法の評価・アプローチ」 シンポジスト 赤坂 清和先生(埼玉医科大学大学院) 加藤 浩先生(九州看護福祉大学大学院) 千葉 恒先生(富良野協会病院) 司会 木藤 伸宏先生(広島国際大学),石田 和宏先生(えにわ病院) 特別講演Ⅰ(鈴木重行先生) 特別講演Ⅰは、鈴木重行先生でした。日本理学療法士協会が2011年に出版した理学療法ガイドライン制作の部会長をした先生ですね。高名な先生です。 腰椎椎間板ヘルニアの若年男性症例の治療前後での変化のビデオを冒頭であげて、その後痛みが引き起こされるしくみなどについて、主に解剖・生理学的な説明がありました。 ポイントとしては、疼痛には侵害受容性疼痛である急性痛である一次通と、慢性痛とも言える二次痛が有り、理学療法士が主に外来で治療対象とするのは二次痛であると述べていました。 痛みを放置していると、侵害受容ニューロンの感受性が亢進して、アロディニア(通常では痛みを引き起こさない刺激によって生じる痛み)が生じる可能性があるため、早急に対処するべきだと。