kazuasahi0914.com
理学療法臨床実習レポートにおける考察の書き方について(初期評価編) | 理学療法とマイル
前回、理学療法実習レポートにおける統合と解釈について、コチラの記事で紹介しました。 今回は、理学療法実習レポートにおける『考察』について、書いていきます。対象は、脳卒中片麻痺患者さんです。 優先的に解決するべき問題点は何かを記載しましょう 患者さんの検査・測定を実施し、その後の統合と解釈で、ICFの障害構造の表を作り各領域における問題点を挙げましたね。以下は一つの例です。 宮崎哲哉.ICFに基づく評価の進め方と記録.PTジャーナル第39巻第10号.2005 図を見てもらえば分かりますが、各領域とも問題点がいくつも挙がっています。まず、考察で考えるべきことは、どれを優先的に改善すべき問題点とするか?です。 もちろん、1つだけでなく同時進行的に解決していくことが望ましいです。ハンズオフで対応可能な点(例えば、上の表だと介護保険未申請について情報提供・他職種連携で進めるなど)については、同時進行で進行可能でしょう。 しかし、ハンズオンで対応すべき問題点(例えば、片麻痺者に対する歩行練習)を同時に全て解決するには現実的には難しいことが多いです。理学療法に与えられた時間が有限であり、この限られた時間の中で、どれを優先的にすべきかを自分の評価結果の中から考えて記載します。 ここでヒントになるのは、移乗や歩行という移動要素がADLと非常に密接に結びついているという事実です。そして、根源的なリハの目的、それは、患者さんの生活機能・ADLを改善させることです。そうなると、自ずと理学療法の治療対象は移動要素(特には歩行)をいかに良くしていくかという点になることが多いです。 乱暴に言うと、歩ければ生活は結構なんとかなる、逆に歩けなければ生活は成り立ちにくい、のです。また、歩行スピードによって脳卒中片麻痺患者の退院後の活動可能範囲がある程度推測できてしまうこと、またQOLと深く関わっていることは周知の事実となっています。これについては、本記事終わりに参考記事1)を載せておきますので参照いただけると幸いです。 つまり、移動要素に大きな問題を抱えているようであれば、それが優先的に解決すべき問題点である可能性がとても高いです。