kazuasahi0914.com
第25回日本物理療法学会学術大会に行ってきました | 理学療法とマイル
2017年10月28~29日に奈良県畿央大学で行われたた、日本物理療法学会学術大会に参加してきました(^^) 物理療法は、理学療法士にとって運動療法と双璧をなす治療の要とはよく言われますが、運動療法ばかりが優先されることが多く、実際理学療法士になって物理療法学会への参加は初めてでした。 上の記事でも書いていますが、ここ最近物理療法のエビデンス蓄積が目覚ましい速度で進んでおり、物理療法を自身の臨床に導入していくためのきっかけにしたいと思い参加しました。 今回の学会テーマは? 『物理療法を拓く-クライアントに真に役立てるには-』を大会テーマに、畿央大学教授の庄本康治先生が大会長でした。 その壮大なテーマに恥じない、本当に素晴らしいレベルの高い学会であったように感じます。 特別講演について 特別講演1 神経科学に基づく課題指向型アプローチと物理療法の併用 吉備国際大学保健医療福祉学部 作業療法学科 准教授の竹林 崇先生が講師でした。CI療法で高名な先生ですね。 CI療法と物理療法とは、一見、はてな??という感じがしますが、近年では従来のCI療法に加え、装具療法、神経筋電気刺激療法、経頭蓋直流電気刺激、振動刺激といた物理療法のエッセンスを加えることで、従来のCI療法よりも良好なアウトカムを叩き出しているということでした。 以下、公演中に先生の話の内容から私がポイントと感じた点について箇条書きします。 講演の最後には、Amazonで新書が発売中ですよと、宣伝も忘れていませんでした。(笑) 『行動変容を導く! 上肢機能回復アプローチ 脳卒中上肢麻痺に対する基本戦略』というタイトルの新書でしたが、確認したら、なんと1~2ヶ月待ち!すごいですね。 不明点などあればFacebookから質問お待ちしておりますとのこと。 【参考文献】 Taub E et al. A placebo-controlled trial of constraint-induced movement therapy for upper extremity after stroke.stroke.2006 Taub E et al. Method for enhancing real-world use of a