k2ss.info
興奮冷めやらぬ | @K2SS - 日々、邁進
「カラマーゾフの兄弟」、ついに読み終わりました。とても長く、そして深い小説だったんですが、それ故に読み終わった今も興奮が冷めません。 まず、宗教や人間の罪、愛、家族、そして運命など、たくさんのテーマを取り扱った作品でした。特に「家族」と「運命」に関して、とても感銘を受けました。