jaiicomi.jaii.org
【初・中級者向き】映画「天国でまた会おう」と日銀追加金融緩和とヘッジファンド | ジャイコミ
「その女アレックス」の面白さは読んだ人にしかわかるまい。二転、三転、私はびっくりさせられた。その作者ピエール・ルメートルがミステリでない分野で、しかもフランス最高の文学賞のゴンクール賞を獲得した小説が映画化されて200万人が見た大ヒット。映画の出来もよく、セザール賞で13部門でノミネートされ5部門を受賞した。 時代は第一次大戦終戦間際、好戦的な中尉プラデルの悪事に気が付いた二人の運命が交差する。アルペールは生き埋めになりかけ、それを救おうとして顔に重傷を負った若い兵士エドゥアールに「父にこの顔を見せたくない」と訴えるために、アルベールは戦死を偽装してやる。 戦後パリに戻った二人の復員兵には世間は冷たい。負け犬人生を取り戻すために、エドゥアールの画才をいかして一儲けする、大胆な詐欺をくわだてる。その裏には秘められた本当の目的があった。 顔の半分を失ったエドゥアールはモルヒネを定期的に欲しがる。アルベールは他の負傷復員兵に与えられるモルヒネを奪ってエドゥアールに与えてやる。ちょうど超超低金利やマイナス金利で、預金者が本来なら得るべき利息がタダみたいになってしまった。私に言わせれば一種の強奪に似ている。 ご存知の通り、昨年12月25日の底値の1万8948円から3月4日の2万822円まで戻した。円レートも1月4日の107円52銭から3月4日の112円近辺まで4円の円安。 この間、外人機関投資家のうちヘッジファンドは「円売り、株価指数先物買い」を続けて、3月第1週時点で年初来累積2兆円に達した。 「一方、大手投信や年金などの現物買いはほとんど入っていない。それどころか、現物は1月第5週から売り越している。 パルナソス・インベストメントのストラテジストの宮島忠直さんの3月15日付レポートがこの理由をはっきりとわからせてくれた。以下は引用。 黒田日銀総裁が最近、安倍総理から「世界景気が悪化された際の追加金融緩和策」をたづねられ、次の4点を具体的手段として掲げた。 現在マイナス0・1%近辺の短期政策金利のさらなる引き下げ 長期金利のゼロ%近傍に維持している目標のマイナス水準への引き下げ 減少傾向を維持する予定の国債や「その他資産」(筆者がカッコづけ)の買い入れ限度の拡大 マネタリーベース増加率の加速