jaiicomi.jaii.org
【初・中級者向き】映画「サムライマラソン」と最長景気記録更新と今・来週の市場の 激動 | ジャイコミ
主演の佐藤健が妻のお気に入りで、私としては珍しく試写会で見たのに2回目を。時代劇なのに英国人の監督、しかも注意してみたら黒澤明監督作品のオマージュが沢山ちりばめられていて、面白かった、エンターテイメントとしてまずまずじゃないかな。 安政2年(1855年)安中藩の藩主・板倉勝明は心身鍛錬の目的で、50歳以下の藩士96名を安中城門から碓氷峠の熊野神社まで29キロ強を徒歩競争させた。「安政遠足(とうあし)」と呼ばれ日本のマラソン発祥とされている。原作は土橋章宏氏の連作短編で、有名な「超高速参勤交代」のように、従来の時代ものとはひと味違った楽しさがある。 お話は入り組んでいるので簡単に。藩主命令として藩士たちは恩賞目当てで張り切るが、代々幕府による隠密として派遣されていた主人公の密報で、幕府への謀反の準備として刺客を送り込む。藩士はこれに気付き、そこでポスターにもある通り「行きはマラソン、帰れば戦(いくさ)」となる。 私はご存知の通り方々で講演して歩くが、ここ1,2年、人手不足の話はよく聞くが「お陰様で景気がいい」、という言葉は聞いたことがない。 にもかかわらず、「景気回復期間が戦後最長になった可能性がある」と茂木経済担当相が1月の月例経済報告の場で述べた。 たしかに本年1月で2012年12月からの景気拡張期は74か月、これまでの記録の73か月を上回った。ただし、その後の2月の月例報告では14の景気判断の項目のうち「生産」「企業収益」が下方修正。1月の「輸出」も加えて3項目になった。 しかも、その後戦後最長の景気が転換点を迎えていることを示す経済指標が続出している。 1月の工作機関受注額は14か月連続減少し、前年同期比18・8%減。 1月の全国百貨店の訪日客向け免税店売上高は前年同月7・7%減で26か月ぶりに減少。好調だったインバウンド消費にかげりが見え始めた。 2019年3か月期の企業収益は日経予想で金融を除く全産業ベースで1・7%減益。3年ぶりだ。 まだある。中国の景気急減速は方々で取り上げられているから省略するが、肝心の米国景気が2月のフィラデルフィア連銀製造景況指数はマイナス4・1%で先行き指標は悪化に転じている。また2019年1~3月期のS&P500種の純利益もマイナス3・0%と22年半ぶりの減益を予想されている。