jaiicomi.jaii.org
【初・中級者向き】映画「華氏119」と中間選挙のトランプ勝利と相場の行方 | ジャイコミ
「華氏911」ではブッシュ元大統領を大いにケナしたマイケル・ムーア監督が中間選挙を目前にして反トランプ映画を作った。「119」とは2年前の大統領でトランプが勝利宣言した日だ。 英文の予告編では「タイラント(独裁者)ライアー(嘘つき)レイシスト(人種差別主義者)ホール・イン・ワン」とある。ただ映画は単なるトランプ叩きではない。ムーア監督は、トランプ候補を大統領にした米国の民主主義の危機を、鋭くえぐりだした。 まずこの映画では、オバマとクリントン夫妻を批判。この三人が既得権を持つエスタブリッシュメントに譲歩や妥協を繰り返し、民主党本来の支持層の労働者階級から離れてしまった。またバーニー・サンダースを「スーパー代議員」制度によって下ろし、大統領候補にヒラリーを選んだことも批判する。 当然、得票数でヒラリーより下だったトランプが当選した選挙制度にも、批判の矛先が向かう。 ムーア監督は中間選挙で、差別的で独裁的なリーダーに打撃を与えるためにこの映画を作った。では11月6日の中間選挙は、吉と出るか凶と出るか。 今のところ、上院は共和党が有利。下院は共和党が議席を減らすと見られている。 調査会社リアル・クリア・ポリティクスの下院の世論調査だ。順に共和党の獲得予想数を示すと― 9月19日 189、10月25日 201、11月2日 196で、218が過半だからとても足りない。 ただ民主党の方も同じ順で、206、201、203。「トス・アップ」といわれる大激戦区が、40,29,36で、この動向次第ということになる。 それではトランプ大統領の支持率は、ということになる。 同じ日で順に示すと、アレレ?トランプ支持率は47%、48%、51%で上昇している。(ラスムッセン調査)。50%以上は就任以来、初めて。 とくに「強く支持」は33%、35%、37%と上昇。 一方、「支持しない」のほうは51%、51%、47%とここ数か月で初めて50%を切った。ムーア監督の反トランプは失敗らしく見える。きわどいがトランプ勝利、となるのだろうか。 好況はもちろんのこと、対中貿易戦争、移民数千人の行進岨止、再々減税。それにオバマケアの影響による30%を超える保険料引き上げによる不満もバカにならない。