jaiicomi.jaii.org
映画「用心棒」と中国リスクの再検討(第806回) | ジャイコミ
このコラムで映画を導入部にする―という私のアイディアは、ちょうど上映開始になった作品がピタリとテーマに会うといいのだが、ダメだと四苦八苦。 その場合は黒沢明監督の名作を使うことにしている。読者はご存じだし名セリフも多い。 今回は、2015年の世界のテーマ「米中対立」が今後どう展開するか、を書く。せまい宿場町に二人の親分、というのはいまの世界によく似ているじゃないか。