jaiicomi.jaii.org
投資の羅針盤ボッタクリ投資信託に警鐘を | ジャイコミ
日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 投資信託の評価などを行う米モーニングスターは、本年6月に世界25カ国の投信市場を総合評価した“Global Fund Investor Experience (GFIE)を発表した。 その評価の根拠はネット上で詳細に公開されている。 わが国の投信の質は世界最低ランク 日本のGFIE評価は以前から低かったが、今回は前回よりもさらに引き下げられて“C-”と、D評価の中国を除いて、先進国中ではイタリアと並び最低の評価となった。 米国と今回引き上げられた韓国、オランダ、台湾が最高のAランク評価を得ている(表1)。 このレポートは主要25ヵ国の投信市場を①規制・税金、②情報公開、③手数料・費用、④販売・メディアの4項目についてそれぞれ5段階にランク付け評価し、その総合点を2年ごとに発表しているものである。 日本についての評価項目別では、③手数料・費用が“D+”、②情報公開が“C”と、この2項目の低評価が大きく足を引っ張っている。④販売・メディアも“B-”と芳しくない。 どうしてわが国の投信の評価がこんなに低いのか。米国との比較を軸に、項目別に考察してみたい。 米国と比べて異常に高い手数料・信託報酬 投信の購入コストには、購入時に徴収される「販売手数料」と保有期間中残高に比例して徴収される「信託報酬」がある。 長期保有の場合には、信託報酬の影響が大きいが、日本では後述のように平均して約1年間しか保有されていないので、高い販売手数料が保有コストを引き上げている。 日本の販売手数料は、商品の複雑化などを背景として、2010年には残高加重平均で2.74%であったものが15年には2.96%と、年々上昇傾向にある。一方、米国の販売手数料は、日本の半分以下と水準が低く、しかも最近5年間に1.0%から0.9%へと低下傾向にある。 信託報酬(年率)についての日米格差はさらに大きく、日本:1.4%、米国:0.5%と、約3倍の開きがある。米国では過半を占めるインデックス型投信(株式指数などある指標と同じ値動きを目指すことで市場全体の平均的な収益を獲得する投信)についても、日本:0.50%、米国:0.18%と日本の水準は米国の約3倍に達する。