jaiicomi.jaii.org
ジム・クレイマーの長期投資必勝講座に学ぶ | ジャイコミ
日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 米国の個人投資家なら誰もが知っている投資啓蒙家がジム・クレイマーである。 その著作の“Get Rich Carefully”の邦訳版が「ジム・クレイマーのローリスク株式必勝講座」(宝島社刊、1,900円)と題して本年初めに出版された。 509ベージに及ぶ大著ながら、元野村総研・井出正介氏の手による名訳で読みやすい。 長期投資でリッチになりたい方や米国株に興味をお持ちの方は本書をお読みいただきたい。本稿では本書に盛られている投資手法の一端をご紹介したい。 バフェットやソロスよりも人気の投資啓蒙家 ジム・クレイマー(1955年生まれ)はハーバード大学を卒業後、ロサンジェルス地方紙の新聞記者、ゴールドマン・サックス勤務を経て独立、知人とヘッジ・ファンドを設立して巨利を得た。 ITバブルがピークを迎える直前にファンドから手を引き、顧客にも全株を手放すように指示をしたことから、その慧眼が一躍注目された。 その後は1996年に設立した投資情報提供会社“TheStreet.com”代表として、個人投資家への啓蒙活動に専念している。 2005年には全国ネットのテレビ局CNBCが開始したトークショー“Mad Money”のホストとして登場、大きな声で機関銃のように喋りまくるユニークなキャラクターが受けて、一躍お茶の間の人気者となった。 この番組は毎日午後6時のプライムタイムに一時間を費やして今日の注目銘柄紹介、注目企業のCEO(最高経営責任者)をゲストに迎えてのインタビュー、“Lightning Round”と称する視聴者からの質問にその場で売りか買いかホールドかを即断して答えるといったセッションなどが続く。 BGMも風変わりで昔の取引所の場立フロアにいるような活気に満ちた雰囲気を醸し出している。“Mad Money”は10年以上経った今も続けられており、日本でも“iTunes”があれば動画配信を観ることができる。 投資家として著名なウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズに比して、日本ではジム・クレイマーの名前はあまり知られていないが、米国では彼の人気が圧倒的に高い。それは、他の投資家とは異なり、クレイマー自身が実践してきた彼の投資術を惜しみもなく視聴者に教え続けているからである。 “Mad