jaiicomi.jaii.org
あなたの外国株投資は店頭取引?それとも委託取引?損する前にこれを読め!ある男性の憤怒【下】 | ジャイコミ
上編、中編とお届けしてきた外国株投資の「落とし穴」。間があいてしまい恐縮だが、外国株をめぐって、さらに驚くべき事実をお伝えしたい。 上編、中編をざっくりまとめておこう。「委託取引」「店頭取引」の違いを知らされないまま、手数料が不透明で実際は高い「店頭」で取引していた男性。「手数料分、損させられた」と憤りを抱き行動すると、証券会社が突き付けたのは、電話録音だった。営業マンとの電話では「店頭でいいですよね」と早口で言質をとられていた。 週刊ダイヤモンドの記事からは、証券会社の営業マンが投信の回転売買から外国株に稼ぎ口を変え、まるで回転売買のような外国株投資を顧客に勧めている実態が浮かんだ。この男性の経験とぴったり重なった。 うその株価を伝え続けた証券営業 ジャイコミ編集部がこの男性の話をもとに記事を準備していたさなかの5月、あるニュースが目に留まった。河北新報のオンライン上に5月14日に掲載された以下の記事である。 岡三証券うその株価報告 顧客に1年間 記事によると、仙台支店の営業担当者が外国株投資で実際より高いうその株価を顧客に約1年間教え続け、損失を膨らませていた疑いがあるという。 顧客の68歳男性は2013年9月に勧誘を受けて、グーグルやツイッターなど外国株6銘柄を1000万円分購入。営業担当者は毎日、電話で男性に終値を報告していた。男性の妻が14年11月に運用状況を訊ねた際、担当者は損失額を56万円と説明したが、不審に思った妻が上司に釈明を求めると、実際の損失額は約310万円。毎日の電話報告はうそだったと分かった。 この男性は4月に金融商品取引法に違反する可能性が高いとして、証券・金融商品あっせん相談センターにADR(裁判外紛争解決手続き)を申し立てたが、門前払いされ、仙台簡裁に調停を申し立てたという。7月14日の第一回調停で岡三証券側は8ヶ月間、うその株価を報告していたことを認めたという。(以下の河北新報記事による) <岡三証券>株価虚偽報告 一部認める 情報入手が難しいから言いなりにできる