jaiicomi.jaii.org
野村証券の悪を許さない | ジャイコミ
ジャイコミ編集部 証券会社の営業担当者の口説き文句とはどういうものだろうか。 近著だと『野村証券の悪を許さない』(第三書館)という本が参考になる。 著者は矢﨑誠一さん(85)。「ピップエレキバン」で知られるピップフジモト(現ピップ)の元相談役だ。野村証券を相手に、約1,600万円の損害賠償請求訴訟を起こした経験を記した。 この本の特徴は、なんと言っても録音していた野村の営業担当者とのやりとりにある。 録音記録でわかる名調子ぶり 野村との付き合いは矢﨑さんがピップ相談役を退任した後の1999年から始まった。自宅マンションに飛び込み営業に来た営業マンと、「話だけなら一回聞こうか」と会ったのがきっかけだ。 矢﨑さんは「野村は日本一の証券会社。銀行なみに堅いと思っていた」と話す。 トラブルの発端は05年のこと。在職中に割り当てられたピップ株の売却について、野村の営業担当者に相談したところ、「06年中に売却すれば、証券税制の優遇措置で税率は10%だが、07年以降になると20%の税率になる。10%のうちに売却すれば800万円税金が少なく済む」と助言された。 ところが、この助言には事実誤認があった。 ピップのような未上場株の売却には、この軽減税率は適用されないからだ。しかも「07年以降には20%に」というのも間違いだった(実際はその時点では07年末までで、その後13年末まで延長されることになる)。 矢﨑さんはこれらの事実を売却後に知る。営業担当者とその上司は、説明が不正確だったことを詫びたうえで、不必要な売却で払うことになった税金分800万円を「取り戻す」旨を伝えた。 取り戻す手段とは、新規公開株をはじめとした株式や投資信託への投資だった。その一環として、コマツ株を購入することになる。 その時のやりとりが本に記述されているので、一部要約して紹介する。 会話は07年10月22日のものだ。コマツ株はその前の10月16日に現時点での上場来高値をつけている。 営業担当者 今日の日経新聞の1面見てください。真ん中に「GM最終赤字4兆5000億」。で左側に「トヨタ純利益21%増」と。 1年後の新聞の見出しで、GMのところを「アメリカ・キャタピラー」にして、トヨタのところを「コマツ」にすると、それが今のコマツの実力だと思います。