jaiicomi.jaii.org
株式時価総額は会社の価値を正しく評価しているか?貸借対照表を読み解く③ | ジャイコミ
金融リテラシー講座 「投資のための財務分析」第6回 フィナンシャル・アドバイス代表 井上 明生 さて、株式に投資するとして貸借対照表をどのように分析するのか。 一番大事な視点は、その会社の株式すべてを取得するつもりで考えて見ることです。100株買うのであっても、その会社すべてを買うつもりで考えます。株式全部を買うということは株式の時価総額を知る必要があります。 株式時価総額は、株価に発行済み株数を掛ければ簡単に計算できます。自社株取得などで会社が保有している自己株は発行済み株数から除きます。 会社の価値は資産サイドによって裏打ちされますが、株式の評価が正しくなされていれば、前回示したように、 【 会社の価値 = 負債の時価総額 + 株式の時価総額 】 負債の時価総額は貸借対照表の負債の額を使うとすると、 【 会社の価値 = 負債 + 株式の時価総額 】 株式の時価増額に焦点をあてると 【 株式の時価総額 = 会社の価値 - 負債 】 ・・・ (1) となります。つまり、株式時価総額は、本来は会社の価値から負債を差し引いたものと一致するはずです。ところが、株式市場は常に正しく値付けされているとは限りません。むしろ、正しく評価されていない時間はかなりあると思われます。 投資に成功するには、上記(1)の式において、株式の時価総額が「会社の価値-負債」より十分小さい時に投資することになります。つまり、つぎのような状態にある時です。 【 株式の時価総額 ≺ 会社の価値 - 負債 】・・・ (2) 式(2)のような状態にあることを正しく判断できれば投資は失敗しないことになりますが、残念ながらそうはいきません。会社の価値を正しく判定するのが難しいからです。ある製品の価値をその製品の原材料一覧表から計算するようなものです。