jaiicomi.jaii.org
日本人が知らない中国投資の見極め方【3】 香港―上海直通列車で上がる株(上海編) | ジャイコミ
アナリスト 周 愛蓮 前回分で書いたように、香港証券取引所と上海証券取引所の株式の相互売買が、来る10月に正式スタートを切る見通しとなっている。 4月に発表してから、香港と中国本土の証券監督当局や取引所は、ルールの制定やシステムの整備に励み、9月13日に第2回のシステムテストを無事実施した。 「直通列車」の発車時刻は間もなく正式に発表するとみられ、海外の個人投資家は、香港市場を経由して、上海市場の株式を自由に売買できるようになる。 中国株式市場にとって歴史的出来事であるのは言うまでもない。 外国投資家の中国市場での投資機会が拡大 上海と深セン市場を合わせて、中国のA株市場には現在、適格外国機関投資家制度(QFII)を利用して、約600億ドルが海外から入っている。 時価総額は米国と日本に次ぐ世界第3位のマーケットであり、1日の売買代金は約500億ドル(5兆円超)前後で推移している。 しかし、このQFII制度はあくまでも機関投資家向けであり、金額も制限されるため、海外投資家の中国株への投資はわずかしかない。 現在のところ、こうした海外投資家の中国市場における持ち株比率は2%未満にとどまっている。 今回の相互売買が実現すれば、当面は上海市場の568銘柄に限定されるが、一般の個人投資家も、中国市場へ直接投資できるようになる。人民元の為替レートの上昇傾向もあり、活発な資金流入が期待される。 ある米系大手証券会社は、いままでQFII制度を利用してきたヘッジファンドが一部を直接取引へ切り替え、上海株の需要を牽引すると予想する。 投資対象になっている568銘柄は、平均PER(株価収益率)は10倍未満(2014年予想)、時価総額は13兆元を上回り、上海市場の約9割を占める(いずれも9月20日現在)。 選好される銘柄とは 前回は、この直通列車の「南向け」、つまり上海から香港市場へ向かう資金が狙いそうな香港株を紹介した。 今回は、直通列車の「北向け」、つまり上海市場に向かう資金が、どんな銘柄を狙うかを分析したい。それは大きく3つに分類できる。 ①産業を代表する「龍頭企業」 中国は、産業の集中度が比較的低いため、一般では考えられないほど、数多くの企業がひしめき、競争を繰り広げている。