jaiicomi.jaii.org
金融商品を買う前に数字をチェックしていますか?金融リテラシー講座、開講します。 | ジャイコミ
金融リテラシー講座「投資のための財務分析」第1回 フィナンシャル・アドバイス代表 井上 明生 このシリーズは、投資に必要な基礎知識を伝授するものです。 われわれは、日頃モノを買う時、いろいろ数字をチェックします。例えば、冷蔵庫を買う時は、デザイン、使い勝手なども考慮します。冷凍、冷蔵それぞれの容量、電気の消費量、外形の大きさ、それに当然ながら冷蔵庫の値段といった、いろんな数字を確認します。 値段がもっと安く、日常頻繁に買うものでも数字をチェックします。ヨーグルトを買う時なら、何グラム入っており、カロリーが幾らで、たんぱく質や脂肪は何%か、といった数字です。トイレットペーパー、牛肉、カップ麺など、たった数百円のものを買う時でも、いろいろと数字をチェックするはずです。 ところが金融商品に投資する際は、何十万円、何百万円あるいは1,000万円といった額で投資する際に、ヨーグルトを買うほどにも数字をチェックしていない、ということはありませんか。 例えばブラジル・レアル建て債券に投資する際、ブラジルの金利水準、ブラジルのインフレ率、GDP成長率、経常収支、そういった数字をどれだけの人がチェックするでしょうか。 金融商品への投資は、直感だけでやっても運良く(長期的に見れば運悪く)成功することがあります。しかし、いつまでも直感だけでやっていると、長期の集計で見ると必ず負けます。 投資にあたってのリテラシーつまりは基礎的な知識は、金利、会計、経済の数字を読み取る力です。このシリーズ、最終的にどこまで行くことができるか今はわかりませんが、最初に財務分析からシリーズをスタートしたいと思っています。 投資はタイミングより財務分析 さて皆さん、「株式投資に成功するのは、値上がりそうな銘柄を人より先に見つけ、それに投資することだ」と思っていませんか? はっきり言って、これが最初の大きな間違いです。この考え方で長年株式投資を行っても絶対成功しません。それは保証します! 投資で成功するには、株式や社債などの投資物件の価値を推定し、価値に対し取引価格が十分に安いものに投資することです。