ja.chili2mag.com
一味からタバスコまで!燻製唐辛子のススメとおすすめ商品5選 - チリチリマガジン
燻製って美味しいですよね、独特の香ばしさと食感がたまりません。 今回は辛い物ファンの皆さんにおすすめ「燻製とうがらし」について、中米でメジャーな燻製唐辛子「チポトレ」から、市販されているおすすめ商品まで紹介します。 普段使っているとうがらしを、燻製とうがらしに変えるだけで料理の味がガラッと変わるので、ぜひ一度試してみてください。 中米でメジャーな燻製唐辛子「チポトレ」 まずは世界で一番有名な燻製唐辛子の紹介からさせていただきます。 生のとうがらしは傷みやすいので、一般的には乾燥・オイル漬け・酢漬けなどの加工を施します。そんな乾燥させたとうがらしを、更に燻製したものが「チポトレ」です。中米・主にメキシコで作られており、メキシコでは一般家庭で広く利用されているほどメジャーなものです。 「チポトレ」はスペイン語ですが、元々の語源はアステカ語族のナワトル語で「chīlpoctli」です。「chīl」唐辛子(Chili)を、「poctli」で燻製を表しており、その言葉の通り「唐辛子の燻製」という意味です。 チポトレはただ乾燥させた物よりも、保存期間が長く風味も豊かになることが現地の人気の秘訣です。ただ辛いだけではなく、ドライフルーツやチョコレートのような甘さがあり、マッシュルームのような風味や燻製ならではの香ばしさを感じることができます。日本人の場合は鰹節のような風味と感じる場合が多いです。 メキシコでは主にハラペーニョを使いますが、アメリカではハバネロを燻製にした、より辛みの強いチポトレが販売されています。チポトレはそのまま香辛料として使う場合もありますが、酢漬けにしたり、酢・とうがらし・トマトなどをベースにしたアドボソースに漬けて缶詰にした物が広く流通しています。 一味・七味の燻製も美味しい