j-inb.net
ReadyNAS 212を導入-その3 電源管理編(Linux[CentOS 6]クライアント) | いなじゅん
Windowsクライアントの次は、自宅内のユーティリティをこなすLinuxサーバ(ここでは、ReadyNASがUPSサービスの事実上のサーバであることから、以降Linuxクライアントと表記する)を、NUT(Network UPS Tools)のスレーブとして動作させる設定をする。 参考URL: まずは、NUTクライアントをインストールする(コメント行および空白行は省略)。 [root@localhost ~]# yum install nut-client 編集が必要なファイルは、下記の3ファイル。 [root@localhost ~]# grep -v "#" /etc/ups/upsmon.conf MONITOR UPS@[ReadyNASのIPアドレス] 1 monuser pass slave MINSUPPLIES 1 SHUTDOWNCMD "/sbin/poweroff" NOTIFYCMD /usr/sbin/upssched POLLFREQ 5 POLLFREQALERT 5 HOSTSYNC 15 DEADTIME 15 NOTIFYFLAG ONLINE SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG ONBATT SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG LOWBATT SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG FSD SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG COMMOK SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG COMMBAD SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG SHUTDOWN SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG REPLBATT SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG NOCOMM SYSLOG+WALL+EXEC NOTIFYFLAG NOPARENT SYSLOG+WALL+EXEC RBWARNTIME 43200 NOCOMMWARNTIME 300 FINALDELAY 5 [root@localhost ~]# grep -v "#" /etc/ups/upssched.conf CMDSCRIPT