iora-press.com
Profile | Iora Press
名前・・・中村イオラ スポンサーリンク 住まい・・・東京都下。 年代・・・ロストジェネレーション世代。 職業・・・ファイナンシャルプランナー兼フリーライター。 趣味・・・キャンプ、スポーツ観戦、ブログ。 特技・・・バドミントン。 夢、目標・・・社畜脱出。ノマドワーカーになること。 長所・・・思慮深い。明るい。 短所・・・友達が少ないところ。 好きなアーティスト、アイドル・・・マキシマムザホルモン、ももクロ。 好きなスポーツ・・・サッカー、アメフトその他たくさん。 好きなサッカークラブ・・・FC東京、リバプール。 好きなプロ野球球団・・・西武ライオンズ。 好きな食べ物・・・ラーメン(特にラーメン二郎と横浜家系ラーメン)、焼きだんご。 嫌いな食べ物・・・メカブ、納豆、山芋などのネバネバ系。 好きな国内観光スポット・・・長崎、金沢。 好きな海外観光スポット・・・シアトル、ヨセミテ国立公園。 スポンサーリンク 幼児時代 3,000gほどでオギャアと産まれてきたわけだが、それはそれは猿のような出で立ちだったとのこと。 「この子は本当に人間の子なのか?孫悟空のように石から産まれた石猿なのではないか?」 と疑われたほどだそうだ。 そんな石猿がいつも健気にう○こを漏らしていたことを思い出す。漏らしたう○こを手にとって大人に見せては怒られていた。それを今でもたまに思い出しては、クスクス笑っていたりする。 幼少時代 常にボールとグローブを付けて遊んでいた幼少時代。運動神経が良い少年に育ったのは、明らかに幼少時代に体を動かしてばかりいたからだと思われ。 幼稚園の年少さんで自転車の補助無しを乗りこなし、振る抜いたバットにボールを当ててはホームラン。キャッチボールは大人の誰もが驚くほど遜色なくこなしていたことを考えても、どこからどう見ても運動神経の良い少年だったことがわかる。 小学生時代 勉強は割とできた方。小学校6年生まではテストはすべて100点だったかな。 小学校低学年になると野球よりもサッカーに夢中になる。運動神経が良かった俺は、普通にサッカーも上達していく。エースとしてチームを引っ張っていたわけだが、自分が調子が悪いとチームも負けた。