iora-press.com
【書評】なんちゃってFP荻原博子氏の『投資なんか、おやめなさい』を読んだらツッコミどころ満載だった件。 | Iora Press
どもっ! へっぽこフリーライター兼ファイナンシャルプランナーで金融リテール営業経験者の中村イオラ(@504_479)です。 最近いろいろとお騒がせしている仮想通貨投資。コインチェックという取引所からNEMという仮想通貨が580億円という膨大な金額分のコインが盗難に遭っているというニュースが世間を賑わしていますね。 皆さまは大丈夫でしたか? スポンサーリンク 私はコインチェック利用者で取引所に保有コインを置きっ放しだったので、どうやらダメっぽいですね。 んまぁ〜、こういうのもひっくるめての仮想通貨投資ですから(笑)。 ハイリスクハイリターン投資のハイリスク部分が出ちゃったケースと言ってもいいでしょう。 スポンサーリンク コインチェックのNEMの盗難被害該当者の数はどうやら26万人に及ぶそうですね。 それだけもの人が、お金を増やしたいと思ってNEMに投資していたのですからものすごい数ですよね。それでもこれって、コインチェックのNEM購入者の数だけですから、ほかの取引所利用者や、ほかのコイン購入者も含めると相当数の人が仮想通貨投資の可能性に魅力を感じていたということになりますよね。 そりゃ無理もないですよ。 だって、定期生預金の金利を見ればわかるじゃないですか。。。 定期生預金に預けたところで、おおよそ0.01%(2/4現在)ぐらいなもんで、完全にタンス預金化しちゃってますもん。 いえいえ、タンス預金どころか、物価上昇率が預入金利を上回っている現在において、預金しているだけで目減りさせている現状なわけで、投資に目が行くのは当然といえば当然なんだと思うのです。 つかむしろ、積極的に投資しないとお金の価値を目減りさせ、出費がかさむであろう日本の暗い将来の備えに対応できないのが目に見えていますよね。 政府も、NISA、積立NISAそして確定拠出年金などにおいて、税制を優遇させて国民に積極的に投資を促す環境を整えているのが一目瞭然です。 そん中、こんなくだらん本を出した人がいます。 その名も経済ジャーナリスト荻原博子。 投資なんか、おやめなさい (新潮新書)posted with ヨメレバ荻原 博子 新潮社 2017-09-14 AmazonKindle 怒りに震えながらも完読したわけだが、怒りを通り越し呆れすぎてしばらくため息しか出ませんでしたね〜。