imcjapan.org
どうらく爺ちゃん
末期の前立腺癌と間質性肺炎。「これ以上は治療できません」前川さん(84歳)はさじを投げられた。酸素を引きづりながら外来へやって来た。「歳ですからね」そう言う前川さんに悲壮感はなかった。以後、大体週一でうちに通院している。