illab.jp
顔の次は顔回り | iLLab./アイラボ
引きこもりがちな私はお出かけするのが滅多にないのですが、出かけるときは気合をいれてがっつりオシャレをします。ですが、日常ではないので最後の最後でいろいろ忘れてしまいます。 メイクの仕上げのリップとか、付けていると邪魔になるので普段は外しているアクセサリーとか、もろもろ忘れちゃうんですよねぇ…。 イラストでも仕上げって忘れがちじゃないですか?最後の最後の加工とか、ゴミ取りとか。 口元を頑張るだけで全体が明るく 血色のよさを出す方法は、チークやアイシャドウだけではないんです。最後の仕上げのリップを塗るだけで全体が明るくなるのです!リップ塗るのが楽しくて、いろんな人に「絶対唇塗るの好きでしょ?」と聞かれます。個人的にプルプルさせるのが好きで、ハイライトを入れるのが仕上げの楽しみです。雰囲気によってマットとプルプルを描き分けます! 大人っぽいダークな印象にするときは、マット。可愛くウルウルさせたいときは、プルプルに!今回は、人気のグラデーションリップの塗り方を紹介します。 こんな感じに徐々に濃い色をのせていきます! ①赤リップの塗り方としては、まず肌色に近いピンクベージュをベースに塗ります。唇の形にあまりハッキリ塗らずに、若干ぼかしておくと肌に馴染みます。 ②次にベース色より少し濃い色を置きます。ベース色からはみ出さないように塗ると自然に見えます。 ③唇の中心部分にイメージしていたリップの色を塗れば、グラデリップの完成です。唇は縦にシワがあるので、立体に沿って縦に塗るとリアルに仕上がります。シワは描き込み過ぎずに、分かるか分からない程度が綺麗です。 この時点で止めておけば、マットな質感で大人っぽい印象になります。 ④プルプルにさせたいときは、最後にハイライトを塗って仕上げましょう。これにハマると抜け出せません。③同様、縦に細長いハイライトも入れてあげると、"らしく"なります。上唇の溝部分にも、唇に沿ってうっすらとハイライトを入れてあげると立体感が出せるんじゃないでしょうか。 派手髪と黒髪で印象に差をつける