illab.jp
いまさらながら、Webと紙の違いとは? その2 | iLLab./アイラボ
35を超えたあたりから、風邪がほんとに治らなくなりました。20代のころは、一度熱を出したら翌日には治っていたのに、平気で2日間ほど熱に悩まされます。というわけで、OS-1のおいしさを知ってしまったあびーんです。前回、Webと紙の違いを、その使用用途などにフォーカスして解説しました。 いまさらながら、Webと紙の違いとは? 今回は、もっとディティール寄りの部分、デザインなどの違いについて書いてみようと思っています。少し解説っぽい文章になってしまうのですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 Webの世界は日進月歩 Webと紙、そのデザインという点において、もっとも異なるものが流行の変化ではないでしょうか。 もちろん、紙媒体のデザインも日々進歩しています。たとえば、一時はデザインといえばフラットデザインというほど、世の中にあふれていました。現在もフラットデザインは人気があるし、なんなら僕も余分なものを排除した感じが好きだったりします。ただ、一周まわって巡ってくるのか、トレンドとしては3Dを駆使したり金属っぽい質感だったりするものを大胆に使ったものが増えてきています。 Google画像検索で「フラットデザイン」と検索した結果一世を風靡したというより、定番になった「余計な効果」を取っ払ったデザインタイポグラフィなんかも移り変わりが激しいんじゃないでしょうか。今までは余白をこれでもかというほどに確保したうえで、かっちょいい文字を置くというものが主流だったと思います。現在は、ページから見切れるほどに大きく置いたりしますね。太さも、一時に比べると存在感のあるものが好まれている気がします。フォントを組み合わせたりすることも多いですが、すごく個人的には、やはりひとつのフォントで統一したほうが好みだったりします。やっぱり、フォントって美しく見えるように計算されてつくっているものですから。 Google画像検索で「タイポグラフィ」と検索した結果文字組でみせるという、デザインの中でもあびーんが好きな分野 このように、単純にデザインというだけでも毎年のようにトレンドが変わります。そこへWebときたら、機能面が加わってしまうんですよ…。