illab.jp
札場哲の絵描き回顧録 第2回 | iLLab./アイラボ
日本に居ては絶対に学べない事が山ほど!! 当時1977年頃、まだヒッピーの流れがそのまま残った村があり、世界中からアーティストたちが集まってくるアメリカのハワイ州へ。ドキドキ、ワクワクした僕の青春時代がここにはあるんだ。今でもハワイへ帰りたい(笑)。そこで絵を描いて老後を過ごしたい! 自分の原点、ハワイの地へ 日本から観光で休暇を過ごす人たちは、ワイキキやアラモアナがハワイって思っているでしょ!でも、それだけがハワイじゃないんだよね。世界的なリゾートとして名高いこの地、本当は知られざるアートの島でもあったんだ。有名なアーティストも住んでいて、そこからデザイン・構図・色彩感覚・描き方などを多くのことを学べた。特にイメージ(想像力)の考え方や、組み立て方、それを絵やデザインに表現する力など、レベルの違いを思い知らされたんだよね。よくこの絵は古臭いとか言う人もいるけど、絵やデザインに新しいも古いも無いんじゃないかな。今思うと、現在の広告デザインより、この頃のデザインの方が斬新で新鮮な印象さえ受ける。コンピューターを使わないアナログは、繊細で丁寧に制作されているからかな。デッサンから完成までの工程も全然違うしね。それと、アメリカ人はそれぞれ好き嫌いがハッキリしていて、アートを知らない人でも絵を見て自分の意見をしっかり話すことができる。それが普通な国なんだよね。だからこそ、自分のさまざまな面に気づかされた。身近にいろんな指摘をしてくれる人がいるってことは、昔でも今でも大事だよね。それに英語に関しては、最初は何を言っているのかチンプンカンプンでまったく理解不能!でもここで暮らす以上、食べて生きていかなくてはならない。そこで、赤ちゃんが言葉を覚えていくように、言葉のセンテンスと発音を何度も練習して、「こう言ってきたら、こう答える」という流れで徐々に会話ができるようになっていった。日本で勉強する文法なんて、考えて話したことなんてなかったなぁ~。間違いだらけの英語だったかも!それでいいんだよ、赤ちゃんだって話すと間違いだらけでしょ。映画でかっこいい言い回し方があれば、それを使ったり、流行りの言葉も入れてみたりと色々トライしてみたよ。言葉ってこうやって覚えていくのだなって思ったな。余談だけど、今の嫁さんともここで出会って、このときから一緒に歩んでいくことになる。18歳