hybridsoundjournal.net
宅録ギタリスト必須のマルチエフェクターの進化をたどる | 音楽Hi-TeQ 〜Hybrid Sound Journal〜
バンド系の音楽を作るDTMクリエイターにとってギターアンプシミュレーターは必須。ライブ演奏をしないならDAWのプラグインだけでで完結させる人も多いでしょう。アンプでの音作りを基本にしているギタリストも部屋にアンプをマイキングして宅録できる人は多くない。 エミュレーション技術進化が著しく、老舗のレコーディングスタジオだけが所有できた名機と呼ばれるヴィンテージアウトボードのプラグイン化が進み、高級機材を所有しなければできなかった音作りが身近になってきています。ギターアンプシミュレーターは恩恵を受ける絶対人口も多く、常にその技術をリードしてきたといっても過言ではない。 私見ではありますが、90年代から宅録ギターサウンドがエフェクターによってどれだけ進化したかをまとめます。 宅録ギタリストに愛されたマルチエフェクター 筆者は高校3年の時、4トラックのカセットMTRを購入し宅録デビューした。YAMAHAのシンセサイザーDX-21と友人の先輩から破格で譲ってもらったプレベタイプのベースで音楽DIYが始まります。中古ドラムマシン(RX-21)やシーケンサー(QX-5)で打ち込みするようになる。初めの頃はギターが上手い友人に自宅まで来てもらい、アレンジも含めダビングをしてもらっていたが、自分でギターも録音するようになる。友人が所有していたデジタルマルチエフェクターBOSSのSE50をしばらくの間、借り受けたことがきっかけだ。演奏はもちろん、各種エフェクターの特徴を理解する大きなきっかけとなった。 BOSS SE-50の独特な香りは今なら新しいかも(笑) BOSSといえば言わずと知れたギター用コンパクトエフェクターの老舗であり、日本国内の初心者ギタリストなら誰もが手に触れたことがあるだろう。当時の学生にとって、多くのペダルを手に入れるのは大変な出費。多数のエフェクターが抱き合せとなった手軽な価格のマルチエフェクターSE-50は当時大ヒットした。著名なプロギタリストも使用しており、中でもロバート・フリップが雑誌などで絶賛していた記憶がある。 エフェクターから直接ライン録音すると、なんだか摩訶不思議なサウンド。レンタル中にプリセットで遊んだことが自身でギターを弾くきっかけになった。
bridgeea1