hybridsoundjournal.net
歌専用プラグインNectar2の厳選プリセット18種を録音してみた | 音楽Hi-TeQ 〜Hybrid Sound Journal〜
筆者が愛用しているOzoneのアップデートキャンペーンにあやかり、Nectar2というプラグインをゲットした。目的外のオマケだったため、しばらく使用する機会がなかったが、作曲コンペ応募のために久々にJ-POP的な曲を録音したのでMIXの時に試してみました。歌モノは主役であるヴォーカルの音作りが最終的な楽曲クオリティを左右する重要なポイント。ベテランDTMクリエイターでもプロ級の音作りをするにはかなりの技量が必要。周辺機材は良くなってもアレンジや各楽器の音色とのマッチングを考えながらヴォーカルの完成度を上げるのは難しいですよね?最近のDAWにはチャンネルストリップが標準搭載され、ボーカルにオススメの複合プリセットも数種類入っているでしょう。しかしそれらを未調整で仕上げられる場合は少ない。izotope社が提供するこのNectar2はヴォーカル専用を売りにすることで、多様な音楽ジャンルに対応したプリセットが150種も入っている。ゴールイメージに合う音が見つけやすい。職人技で作り込まれた音をコンビニ感覚で手に入れられる便利なプラグイン。NECTAR2の基本画面と使用法 基本的にはDAWのトラックチャンネルにインサートします。NECTAR2を開くと主要プラグインがまとめられたOverviewモードが立ち上がります。左下の「Overview」ボタンをクリックすると「Advanced」モードと切り替えることができ、各プラグインごとの詳細設定が行えます。その隣のボタンで「Mixing Mode&Tracking Mode」の切替えができます。Tracking Modeにするとやや音質を犠牲にするもののDSPパワーが軽くて済みます。他のトラックにも大量のプラグインを指しているMIX中でも気兼ねなく使え、気の利いたボタンです。 プリセット18種を厳選、試聴動画を作ってみました自作曲の一部、コーラスパートを抜き出してループさせています。コンデンサーマイク(RODE NT-2)で録音したトラックにMIxing
bridgeea1