hybridsoundjournal.net
聴き放題サービス?ハイレゾ?ミュージシャンは何を使うべきか | 音楽Hi-TeQ 〜Hybrid Sound Journal〜
音楽聴き放題サービスが日本でも複数始まったApple MUSIC、AWAやLINE MUSICなどがスタート。あなたはそれらのサービスを使い始めていますか?スマートフォンという強力な端末が普及し、音楽リスナーの楽しみ方にも大きな変化が起こっている。音楽聴き放題の定額ストリーミングサービスは更なる変化を促進するきっかけになるのは間違いない。既にCDを所有しない世代の音楽リスナーなども存在する。クリエイター側はターゲット層に応じてどんな対策ができるだろうか?リスナーを想定したマスタリングとはマスタリングエンジニアが執筆している書籍の中で、AKBやエイベックス系のアーティストがリリースする楽曲の音圧についてコメントがあった。細かな記述は割愛するがいわゆる若年層を対象にしたそれらの楽曲はリスナーが高価なオーディオ機器を持っていないことを想定した上での音作りがされているという。安価なイヤフォンでも良い音に聴こるよう過剰に高い音圧で処理されスペックをもったオーディオデバイスではバランスが崩れる。これは単に否定ということではなく、明確なターゲットを絞って制作されるスタンスは学ぶべき一例でもある。マスタリングエンジニアはその平均値をとった落としどころを探るため、その極端な処理に懐疑的な意見も多い。音楽の視聴機器の実態画像は2012年時点のもの。個人で複数使用するためポイント表記となっておりパーセンテージではない。スマホやタブレット端末のみが前年比から向上していることが分かる。屋内での視聴においてはコンポやラジカセのポイントが高いが、おおよそパソコンやスマートフォンに移行している。スマートフォンは更に大きくシェア拡大している。家電量販店でのヘッドフォンコーナーの充実ぶりがこの現象を見た目にも象徴している。90年代に比べると、その露出と品種の多さは雲泥の差だ。スペックの高いブランドも充実しているから、ヘッドフォンで楽しめる音作りは避けられない。PC廻りではネットワークオーディオがごく少数にカウントされているが、DACやオーディオインターフェイス、ヘッドフォンジャックから音声を拡張するスピーカーの実使用に関しては把握できない。これを使用するしないではAMラジオレベルなのか、コンポレベルの音質なのかを想像するのは難しいが、本格的なリスニングよりその規模から簡易BGM使用が多いと予想ができる
bridgeea1