hybridsoundjournal.net
レアトラック満載のSOUNDCLOUDを楽しむ方法 | 音楽Hi-TeQ 〜Hybrid Sound Journal〜
Appleがストリーミングサービスの名前が「アップル・ミュージック」になるであろうというニュースが流れた。Spotifyの参入は国内の利権問題もふくめいつになるのかはっきりしていない。YouTubeでしか音楽を聴かなくなったリスナーも珍しくなくなった。日本でSOUNDCLOUDがメジャーにならないのはどうしてなのだろう。有名なミュージシャンが積極活用していないのも大きいでしょうが、一般の洋楽好きのリスナーにはぜんぜん浸透していない。新しい音楽に出逢いたい人にとって魅力的なサイト。活用している人の多くは、自ら楽曲をアップしているクリエイターが多い。クリエイターの生の姿がそこに見え隠れする。そんな魅力を再確認してみよう。レア度の高い貴重な音源がそこにある例えば昨年、惜しくも他界された佐久間正英氏の音源をご存知だろうか?佐久間氏といえば国内のロックファンなら誰しもが知るミュージシャン、プロデューサー。彼がなくなる半年ほど前までに「Goodnight_to_followers」と題して毎晩作り続けてきた楽曲がUPされている。SOUNDCLOUD上で現在499曲が確認できるが、数年に渡り1000曲以上の曲が毎日UPされていた。もちろんアーティスト自身のポリシーにもよるし、その発掘は趣向によるが流通していない貴重な音源がそこに存在している。 基本的な楽しみ方 検索方法などはYouTube等とはあまり大差がなく、まずはブラウズモードがある。好きなアーティストを検索してみよう。契約や権利の問題でメジャー国内アーティストのヒット率はあまり高くない。アカウント登録をするとミュージシャンをフォローすることができ、Streamという項目の自分のタイムラインに最新の音源が掲載される。音源はLikeやシェアなどができ、アーティストへの直接コメントフィードバックも可能。フリーダウンロードできる曲もある。5分くらいの1曲単体の音源もあるが、DJプレイした1時間近い音源を上げている場合もある。YouTubeのように途中でプロモーションが流れないのでBGM使用するには快適。単体の曲を個人的にプレイリストを作成することも可能。最新の海外音源を聴きあさり自身がセレクトした曲のプレイリストをブログに埋め込んでメディア活用している人も多い。 &nbsp
bridgeea1