hon.jp
マンガアプリ「GANMA!」で広告収益に加え、プレミアム会員の会費収益の一部も作家へ還元する支援プログラムを開始
 コミックスマート株式会社は12月3日、マンガアプリ「GANMA!」とロゴをリニューアル。同時に、作家に対する収益還元を、従来の広告モデルに加え、読み放題モデルを追加したプレミアム会員の収益の一部も対象とするプログラムを開始した。 「GANMA!」は、オリジナルマンガ160作品以上を掲載しているマンガアプリ。累計ダウンロード数は1100万を突破。12月12日にサービス開始から5周年を迎える。連載中のオリジナルマンガは、第1話から最新話まで全話無料で読むことができる。 月額680円の新プレミアム会員は、従来の連載中最新話を1週間早読み可能なのに加え、完結マンガが読み放題となる。12月の読み放題ラインアップは7作品。旧プレミアム会員は、自動では新プランへ移行せず、アップグレードが必要となる。 なお、GANMA!オリジナルの完結作品も、今後はGANMA!プレミアムに移行していく予定。最終回公開から1カ月間は、従来通り無料で閲覧可能。また、毎月複数の完結作がピックアップされ、無料で一気読み可能な機会がやってくるとのことだ。 参考リンク プレスリリース(株式会社セプテーニ・ホールディングス、コミックスマートの親会社) GANMA!のリニューアルについて