hon.jp
発売前の本の"ゲラ"が読める「NetGalley」から新着作品の紹介(2018年12月3日号) #NetGalleyJP
 発売前の本の"ゲラ"を読んでレビューが投稿できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品を紹介いたします。情報提供は株式会社出版デジタル機構です。書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。 これから刊行される予定の本 ハニーのためにできること(楠章子、松成真理子/童心社) 内容紹介ふたばのおばあちゃんが亡くなって、ハニーという老犬を引き取ることになりました。そうしなければ保健所などにつれていかねばならないので、ふたばがお母さんを説得したのです。しかし、やがてハニーは重い病気になってしまいました。獣医の先生に相談し、ふたばは両親とともにいっしょけんめい看護しますが、別れの時が近づいてきます。ふたばは、ハニーのために何ができるか必死に考えました……「命」を見つめる感動作です。 21.6×15.1cm/128ページ/小学校中学年から 出版社からの備考・コメント 楠章子(くすのき・あきこ) 大阪府に生まれる。梅花女子大学児童文学科卒業。第45回毎日児童小説・中学生向きにて優秀賞受賞。『神さまの住む町』「古道具ほんなら堂」シリーズ、『電気ちゃん』(以上、毎日新聞社)、『はなよめさん』(ポプラ社)『まぼろしの薬売り』(あかね書房)などの作品がある。絵本『ばあばは、だいじょうぶ』(童心社)は2017年課題図書、児童ペン賞童話賞受賞。 松成真理子(まつなり まりこ) 大分県に生まれる。絵本に『まいごのどんぐり』(児童文芸新人賞)『きつねみちは、天のみち』(以上童心社)『じいじのさくら山』『ふでばこのなかのキルル』(以上白泉社)『こいぬのこん』(学研)『ぼくのくつ』(ひさかたチャイルド)など。紙芝居に『うぐいすのホー』(五山賞奨励賞)『こびとのくつや』『やまんばのにしき』(以上童心社)など、作品多数。 おすすめコメント