hon.jp
講談社のマンガ投稿サイト「DAYS NEO」の"婚活サービス"的思想 ~ 「編集者が必要」という作家のファーストチョイスになりたい
 講談社のマンガ投稿サイト「DAYS NEO」では、他社の雑誌にも参加を呼びかけている(参考記事)。これはどういう思想に基づくものなのか? 経緯や現状、展望などについて、「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」「NOVEL DAYS」を統括している「ヤングマガジンのスズキ」こと、鈴木綾一氏に話を伺った。 "編集ガチャ"みたいな状態を解消したい ── まず、DAYS NEOの立ち上げ経緯について教えてください 鈴木 コミックDAYSのチーム長である村松から、「投稿サービスを作りたい」という相談を受けたんです。相談を受けた理由をぼくなりに解釈すると、ぼくは週刊少年マガジン編集部で8年、そのあとヤングマガジン編集部に異動して5年。その2つの編集部で合計7~8年間くらい、新人賞のチーフをやってきました。新人賞のチーフは、投稿作を増やす施策とか、出張編集部の持ち込み窓口とか、担当編集者と新人マンガ家とのトラブル解決などをやっています。 ── トラブル解決、ですか(汗) 鈴木 そう。そういうことをやってきた関係で、新人マンガ家がなにを求めているか? という情報に触れる機会が多いんです。いろんなタイプの編集者がいますけど、ぼく個人としては他誌の連載作家に声をかけるより、新人と一緒にやっていきたいという思いが強いんですよ。 ── なるほど。 鈴木 すべてのトラブルは、まず「作家と編集者の間でなにか問題が起きた」ってことですよね。そして次に「許さない!」って怒るプロセスがある。謝っても許してもらえないというのは、溜まっていた不満が発露した形ですよね。爆発というか。 ── 確かにそうですね。 鈴木 ということは、それまでの人間関係がうまくいってなかった、ということですよね。たとえば、原稿の誤植みたいな問題が起きたとき、普段からちゃんと仕事をして人間関係ができていれば、「ほんとうにすみませんでした!」って謝罪でおさまる場合もある。でも、その問題をきっかけに「実は過去にもこういう問題があった」って、溜まっていた不満をTwitterやブログに書かれるマンガ家の方もいる。 ── いまはだれでも簡単に発信できる時代ですからね。