hon.jp
プラットフォームは果たして何を寡占しているのか? ~握られる5つのリソース~
 本稿は、クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利-改変禁止 4.0国際(CC BY-NC-ND 4.0)ライセンスに基づき、骨董通り法律事務所 for the Arts 弁護士 福井健策氏のコラムを転載しています。 プラットフォーム寡占の影響とその歯止めをめぐる議論が熱い。意欲的な有識者会議の中間整理に合わせて読売新聞は連載「岐路 巨大IT」を開始し(6日~)、第1回では筆者もコメントした。取材の際に「プラットフォーム寡占というが、一体彼らは何を寡占しているのか」を改めて考えたので、メモ的にまとめておきたい。 各種報道や検討では、個人情報など膨大なデータが集まっている点がまずは挙げられる。これは全くその通りで、加えていうと、お金も明らかに集まっている。図は、もはや見慣れた感もある企業時価の世界ランキング。2018年第3四半期終了時のものだ 。 1 アップル 1,091,000 2 アマゾン 976,650 3 マイクロソフト 877,400 4 アルファベット(グーグル) 839,740 5 バークシャー・ハサウェイ 523,520 6 フェイスブック 473,850 7 アリババ 423,600 8 テンセント 388,080 42 トヨタ自動車 180,925 (単位:100万米ドル) ご覧の通り、世界の上位8位までをほぼプラットフォーム勢が独占している。1位は不動のアップル。2位に躍進を続けるアマゾンが入り、以下マイクロソフト、グーグル、5位はしばらくフェイスブックの指定席だったがご存知の通りちょっと不調で(それでも時価総額は昨年同期より20%も高い)6位に落ち、代わりにバークシャー・ハサウェイ。これは久々の非IT企業のトップ5返り咲きだが、機関投資家なので性格が他と異なるだろう。そして中国勢のアリババとテンセント。トップ5プラットフォームは全て米国西海岸発だ。 「そんなものはすぐ入れ替わるよ」とも言われたが、最近はまさにネットワーク効果で、かなり上位固定性が強い。日本のトップはといえばトヨタ自動車で、42位。不調のフェイスブックのだいたい4割以下の企業価値だと、どうやら世界の機関投資家たちは見ている。 なかなか涎が出る、じゃなくて目を見張る事態だが、「富の寡占」は結果であって原因ではない。