hon.jp
ヤフーの膨大なデータをフル活用し、ユーザーの嗜好やTPOに合わせたレコメンドを ~ 電子書店「ebookjapan」全面リニューアルの狙い
 株式会社イーブックイニシアティブジャパンは10月1日、電子書店「eBookJapan」を全面リニューアルした。従来の ebookjapan.jp ドメインから yahoo.co.jp のサブドメインに変わり、ヤフー株式会社との共同運営になるという大改革だ。この狙いはどこにあるのか? 既存サイトはいつまで運用されるのか? 規約はどうなるのか? などの気になる点を、代表取締役社長 小出斉氏にぶつけた。 ※ 本稿では便宜上、ebookjapan.jp ドメインのサイトを「既存サイト」、yahoo.co.jp サブドメインのサイトを「新サイト」と表記する。 ヤフーの膨大なデータをフル活用するためのサブドメイン化 ── まずは全面リニューアル、おめでとうございます。 小出 ありがとうございます。 ── 7月2日にリリースされたiOS版「ebookjapan」は、まったくの新アプリとしてリリースされたので、正直驚きました。10月1日のプレスリリースで、既存サイトを新サイトへ移行していく予定なのがわかったのですが、ズバリ、この狙いはどういったところにあるのでしょう? 小出 まず、2016年にヤフーグループ入りしたときの狙いからお話しますね。ヤフーやその親会社のソフトバンクグループの持つ膨大なタッチポイントを活用することで、当社の最大の弱みである集客面をなんとかしたい、という狙いも多少はありました。ただ、ヤフーにはすでに「Yahoo!ブックストア」があったので、ヤフーからの誘導には、あまり大きな期待はしていなかったんです。誘導がもらえたらラッキーくらいの。 むしろ、ヤフーやソフトバンクが持つ膨大なデータを活用したい、というほうが狙いとしては強かったです。ヤフーは非常に多くのサービスを展開していますし、毎月多くの方が膨大な数の検索をするという大きなメディアです。ユーザーの好みや関心事など、いろんなことがわかります。どんなニュースが見られているか、オークションで何が売られているか、ショッピングで何が買われているか、どこの天気が気にされているか。あとは、ソフトバンクユーザーの位置情報もあります。