hon.jp
教養新書の作り方と、カッパ・ブックスの作り方 ~ 本の学校 出版産業シンポジウムレポート
 NPO法人本の学校は10月28日、専修大学神田キャンパスにて「本の学校 出版産業シンポジウム 2018 in 東京」を開催した。本稿では、第2分科会「新書編集の現在、過去、未来」をレポートする。パネリストは、田中正敏氏(株式会社中央公論新社 書籍局 中公新書編集部部長)と、菊地悟氏(株式会社KADOKAWA 文芸局 角川新書編集長代理)。 そもそも新書とは? 新書のいちばん大きな特徴は、判型だと田中氏。岩波新書の107ミリ×173ミリを始めとして、ほぼ黄金比(1:1.618)になっている。文字数は10万字前後。角川新書の標準は1ページあたり40字×15行の600字、中公新書の標準は41字×16行。字数が増えて厚くなると「単行本にしたほうがいいのでは」という感じになるので、ハンディさがポイントだという。 岩波新書創刊80周年 今年は岩波新書が創刊80周年。立ち上げたのは『君たちはどう生きるか』(1937年・初出は新潮社)の著者・吉野源三郎氏だと菊地氏。吉野氏による「新書はこうあるべし」という編集綱領のようなものをを見たことがあるが、「わかりやすく」「ページを増やすな」などいまと同じで、新書の制作編集は80年間変わっていないと感じたという。 田中氏は、新書はレーベルとして毎月何冊か決まった冊数が刊行されるので、ある意味で雑誌のような「定期刊行」に近いと感じている。ただ、中公新書は大学教授などに書きおろしてもらうケースが多いため、企画から刊行までがだいたい3年くらいと長い。それで毎月4~5冊出し続けるのは大変だという。角川新書は企画から刊行までが短く、数年がかりというのは角川選書や角川ソフィア文庫のやり方なのだそうだ。 カッパブックスが新書の可能性を広げた いわゆる「教養新書御三家」と呼ばれる岩波新書、中公新書、講談社現代新書に対するアンチテーゼが、光文社カッパ・ブックスだ、と菊地氏。大学教授に書いてもらうのではなく、編集者が「いま世の中に求められているテーマはなにか?」を考え企画し、そのテーマに合う書き手にオファーする、というやり方である。