hon.jp
EUがVAT改革案を承認、電子書籍のVATを廃止する国も
 これまで多くのEU参加国で、電子書籍・電子刊行物だけに課せられてきたVAT税率の撤廃に向けて、ECOFIN(EU加盟国の経済・財務相が経済政策の調整をする閣僚理事会)が各国で電子書籍と紙の本と同じくVAT非課税としてもよい、という提案を採択した。 この合意で、無税とするのも含め、EU参加各国が自由にVAT税率を決められるようになる。「ブレグジット」によりEU脱退が決定しているイギリスでも、英出版社協会が同様の措置をとるよう、直ちに要求した、と英業界紙ザ・ブックセラーが伝えている。 グッドEリーダーは「この改正により、電子書籍の売り上げが増え、Eブックのテクノロジーが進み、さらにデジタル・オンリーで作品を発表している著者に大きな変化がもたらされるだろう」と分析している。 EU参加国で、これまでEブックはソフトウェア同様に扱われ、国によっては20%もの高いVAT税率がかけられていたが、その一方で「本」であるとの解釈から、紙バージョンよりも安い値段で売ることができないなど、不利な措置がとられていた。 関連リンク 英「ザ・ブックセラー」の記事(有料) 英「ブックス&パブリシング」の記事 GoodEReaderの記事