hon.jp
「海賊版サイト対策中間まとめ、反対多くまとまらず」「静止画ダウンロードの違法化を総務省が先導」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年9月17日~23日)
 先週は「海賊版サイト対策中間まとめ、反対多くまとまらず」「静止画ダウンロードの違法化を総務省が先導」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年9月17日~23日分。記事として更新するのは今回が最後です。詳細は記事末尾の案内をご覧ください。 広告もステマもなし 出版不況でも売れる雑誌の作り方〈NIKKEI STYLE(2018年9月17日)〉 印刷証明付き発行部数で20万部を超えた晋遊舎の女性誌「LDK」について。ちょうど1年ほど前の記事ですでに20万部だったので、その当時からはあまり伸びていないようです。とはいえ、どの雑誌も軒並み部数を減らしている中、現状維持でも立派なことだと思いますが。広告を載せず徹底的にアイテムテスト&批評するという、昔の「暮しの手帖」と同じコンセプト。消臭剤の効き目を判定する臭気判定士さんの写真が、インパクト強いです。 テクノロジー企業の大富豪がTIME誌買収〈hon.jp DayWatch(2018年9月18日)〉 セールスフォースがTIME誌を買収。身売り先には複数候補があったようですが、「金は出すけど口は出さない」方針が決め手だったそうです。スポンサーとして、理想的。 「ブロッキング法制化の強行につながる」、9委員が海賊版対策まとめ案に反対表明〈日経 xTECH(2018年9月19日)〉 知的財産戦略本部で公開されている第8回検討会議の配付資料で興味深いのは、立石委員提出の資料3「被害額等の算定に利用するデータについて」。被害額算定に使われているSimilarWeb社のデータについて、信憑性に強い疑義を唱えています。同社が個人情報を無断送信しているため、アドオンなどがマルウェア判定されたり、アメリカのの連邦取引委員会(FTC)から名指しで注意喚起されたりしているそうです。中間まとめ(案)に反対する9委員の意見書はこちら。 APLシンポジウム「伝統を未来へ、組版の国際化」〈Advanced Publishing Laboratory(2018年9月20日)〉 &#x3000