hon.jp
「読書専用端末の時代は終わった?」「出版物の正規版配信認定マークにほとんどの電子書店が参加へ」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年9月3日~9日)
 先週は「読書専用端末の時代は終わった?」「出版物の正規版配信認定マークにほとんどの電子書店が参加へ」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年9月3日~9日分です。 読書専用端末の時代は終わったのか〈マガジン航(2018年9月3日)〉 毎月楽しみな、仲俣暁生氏のEditor's Note。私もお伺いしていた「放談会」での一幕について。大枠では論旨に賛成なのですが、たとえばカメラみたいに、いまもなお残存しているさまざまなジャンルの「専用端末」のことを思うと、電書専用端末も「終わった」のではなく、一部の嗜好家のニッチなニーズにより少しは生き残るように思います。 お盆に帰省したとき、以前プレゼントした BookLive!Reader Lideo を懐に入れ、外出時のちょっとしたスキマ時間に読んでいる父親の姿を見ました。実際に使ってみると利便性が実感できるのだなと嬉しい反面、老眼で小さい字が読みづらい高齢者には確実にニーズがあるはずなのにと現状を残念にも思います。 あと、ソニーが早い時期にGoogle Play対応Readerを出せば、勢力図が変わっていたようにも思います。Androidに対応している電子書店ならどこでも使える「神端末」として、きっと崇められたことでしょう。 海賊版サイト対策「場外戦」、JILISシンポで17人が熱弁〈日経 xTECH(2018年9月3日)〉 情報法制研究所(JILIS)主催で9月2日に行われた緊急シンポジウムの詳細なレポート。個人的な収穫は、弁護士の村瀬拓男氏が、2018年秋から始める正規版配信認定マークに、Apple、Amazon、Googleも含めたほとんどの電子書店が参加すると明言したこと。ずっと出版版「エルマーク」を用意すべきだと言い続けてきた甲斐がありました。 &#x3000