hon.jp
英2大書店チェーンが一丸となってアマゾンと闘う決意
 イギリス最大手の書店として250店舗、年間売上3億8800万ポンド(約556億6000万円)のWaterstones(ウォーターストーンズ)が、7店舗、年間売上2500万ポンド(約35億9000万円)規模のFoyles(フォイルズ)を買収すると複数のメディアが報じている。 ウォーターストーンズのジェームズ・ダーント社長は「フォイルズのビジネスを託されて光栄だ。両社の書籍販売チームを合併させるのが楽しみだ。力を合わせ、アマゾンに立ち向かい、本当の書店でしか味わえない悦楽を守り、継承していく」とコメントしている。 一方、フォイルズのクリストファー・フォイルは「家族ともども、フォイルズの次なる1歩を踏み出せたことを嬉しく思う。これでフォイルズのブランドやキャラクターを守り、私の祖父とその兄弟が115年前に興した会社の将来を見守っていく」とコメントしている。 参考リンク BBCの記事 ファイナンシャル・タイムズの記事