hon.jp
「大日本印刷のPOD受注がグループ外書店にも拡大」「海賊版対策検討会議と情報法制研究所のシンポでブロッキングの賛否激論」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年8月27日~9月2日)
 先週は「大日本印刷のPOD受注がグループ外書店にも拡大」「海賊版対策検討会議と情報法制研究所のシンポでブロッキングの賛否激論」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年8月27日~9月2日分です。 出版物輸送、2~3年以内に撤退も〈カーゴニュース(2018年8月28日)〉 再三伝えられている出版物流危機の、運送会社側からの声。東京都トラック協会によるアンケート結果では、約半数が2~3年以内の撤退を考えているとのこと。もし量が少なく非効率と言われているコンビニへの配送がなくなると、散在している書店へ長距離走らねばならない、という問題もあるようです。トーハン副社長が、ICタグなど新技術の活用可能性にも期待しているそうですが、そのコストをどこが負担するのか? という大きな壁がありそうです。なお、本件(鉄道弘済会が出版物の取次業務を終了しトーハンへ引き継ぐこと)は1月15日付の文化通信で報じられていたそうです。 アマゾン、書籍聴き放題中止〈日本経済新聞(2018年8月28日)〉 Amazon.com, Inc.の関連会社Audible, Inc.が展開していた定額聴き放題サービスのサービスモデルを止め、ダウンロード販売モデルへ転換、会員以外でも単品購入できるようになりました。月会費1500円はそのまま維持し、新サービス「Audible Station」が利用できる&毎月1点を自由に聴ける&会員限定割引などの特典が得られる、という形に変更されるとのこと。聴き放題は日本とイタリアだけで展開されていたのですが、定着しなかったようです。オーディオブック市場がまだ小さいうちの投入、ちょっと早過ぎたのかも? レア本、刷ります!!大日本印刷がグループ外からも受注〈ニュースイッチ(2018年8月29日)〉 絶版・在庫切れ書籍をPODで提供する取り組みを、グループ外の書店からも受け付ける方向に拡大する方針とのこと。非常に良い取り組みとは思うのですが、ポイントは注文可能なラインアップがどれだけ増やせるか?