hoko.yataiki.net
往復小説#4:短編:白い眼
よく晴れた夏の日。 世界は力強さに溢れていた。 自然の英気を浴びながら、不意に最後の時を思う。