hitonoto.com
[Blog] 木地師訪問
山中漆器、木地師の現場を訪問しました。温泉街から少し離れた場所にある黒瀬町にある匠頭漆工は、伝統技術である轆轤挽きと現代の鉄鋼旋盤を巧みに使いわけ、上質な木地を速く生産できるとして様々な漆器に生地を提供しています。昔は完全に分業制だった漆器業界ですが、オーダーに応えて木地を作るだけではなく「これからは木地師も前に出て行きたい」と話すのは、匠頭漆工社長の久保出さん。「家業を父から継ぐようにと言われた時は、嫌だなと思ったけれども、兄弟は都会の方で就職をしたのでしょうがなく始めた。でもやってみるととても面白く、今もとにかく楽しい!どんどん楽しくなっていく」と目を輝かせて話してくれました。工芸の世界は