hardestmagazine.com
EARTH CRISIS|ストレートエッジは一生涯の決意 続けることにこそ意味がある | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
AGNOSTIC FRONT、SICK OF IT ALL、そして今回のEARTH CRISISといい、近年は大御所の来日が多いのがとても有難い。それもどのバンドも再結成ツアーなどではなく、ずっと活動し続けていたバンドだ。AGNOSTIC FRONTやEARTH CRISISに関しては解散と活動休止期間はあったものの、今でも現役で作品を出し続けているし、SICK OF IT ALLは若手ドン引きレベルのパワーをライブで放つ大ベテランといっても過言ではない。また、最近大阪では若いキッズの多くがこの音楽に興味を示し、ライブに足を運んでいる。さらにSTRAIGHT EDGEも増えていて、ライフスタイルまで影響を与えていることも事実である。前回のEARTH CRISIS来日のときはここまでオーディエンスの年齢層の幅は広くなかった。これぞ"REBIRTH OF HARDCORE PRIDE"(※1)といった感じだ。改めてハードコアの再評価、定義の再確認のタイミングではないだろうか?このインタビューを機に、ハードコアという音楽により深く関心を持つ…だけと言わず、この音楽と共に死を分かつまで深く付き合っていただければ有難いです。HARDCORE=MORE THAN MUSIC(※2)ですから。改めて、今回招聘してくれたAlliance TraxのDAIKIさんに感謝申し上げます。 And off course, big thanks to Karl for letting us do a interview and share your experience and thoughts. ※1:GORILLA BISCUITSの[NEW DIRECTION]の歌詞の一部。 ※2:VERBAL ASSAULTの名曲。HAVE HEARTもカバー。 HDM:今回、ジャパンツアーを行うことになった経緯について教えてください。 KARL(Vo.):最後にEARTH CRISISとして日本に来たのは10年ぐらい前で、FIRST BLOODとともにDAIKI(ALLIANCE TRAX)が招聘してくれたんだ。あのときも凄い楽しかったよ。で、今回のツアーは半年ぐらい前にオファーがかかったんだけど、SCOTT(Gt