hardestmagazine.com
「70、80歳になってもライブ写真を撮り続けてる自分でいたい」写殺カメラマン"青木カズロー" | HARDEST MAGAZINE | ハーデストマガジン
ハードコアやパンクのライブ会場に足を運んでは趣味として購入したカメラを片手に、お客として好きなバンドの写真を撮り始めたのがライブカメラマン青木カズローの原点だという。今ではCrossfaithやSUPER BEAVERの専属として、京都大作戦や氣志團万博のオフィシャルとして、またONE OK ROCKをはじめ数多くのアーティストやフェスの撮影を手掛けるまでになった、彼のライブカメラマンとしてのアティチュードやマインドに迫るインタビューを、EDGE OF SPIRITのSHOをインタビュアーに迎え、全国を飛び回る移動の合間をキャッチし、おこなった。