happynestinamerica.com
不思議の家の物語 2.
   例年になく気ぜわしく過ごした感の残る2014年でしたが、年が明け、平穏なお正月を迎えて数日が過ぎたある夜のことでした。  一段落ついたので仕事部屋からリビングルームへ続くドアを開けるや否や、唖然として立ち尽くしてしまいました。  これほど驚いたのは、クリスマスの直前に夫が私を喜ばせようとして、我が家の外壁にスポットライトをあてるために内緒で購入してきて、玄関前に設置してくれた意味深な「…