fujipancake.com
下手の横好き:FUJIFILM X-A1 / takumar 28mm F3.5の組み合わせで撮影してみる | フジパンケーキ.com
M42マウントと、オールドレンズを購入したら早速撮影をしてみましょう。 ボディ内手ぶれ補正もないし、AFも効かないけど、どんな風に撮れるか楽しみですね! X-A1 / PENTAX takumar 28mm F3.5 決して明るいレンズでもないし、広角でも望遠でもないレンズです。 「ボケ」など気にせずに、絞りを絞ってスナップ撮影に興じましょう。 ファインダーが無いのが超不便!でも楽しい 私は超初心者です。 撮影に対して蘊蓄を垂れようなんて思ってもいません。 とにかく安っすいボディと、オールドレンズで目一杯楽しむのです!下手でもいいのだ。 手ブレしていますねぇ。 とにかく日中の背面モニターでMFするのは超難しい。 簡単な写真を撮るだけで大変。それが楽しい。 ホワイトバランスを弄ったりして古臭い描写に。 オールドレンズ万歳。 オールドレンズですが、現代的な色合いで描出します。 解像度は低いものの、雰囲気が伝わればいいや。 海の塩害も怖くない X-A1を持って海まで行きました。 私はどうしても高価なカメラを海に持っていくことができません。 「塩害」が怖いのです。 海の潮風のせいで、カメラやレンズが錆びないだろうか?などと神経質に考えてしまいます。 そんな時、X-A1とオールドレンズの組み合わせなら安心。 2万円弱のカメラと、5,000円以下のレンズの組み合わせならガンガン海に近づけます(笑) 海に行こうとしたらテトラポットに阻まれたの巻 たとえ防塵防滴を謳うカメラでも、海にはなかなか持っていく気持ちにはなれません。 いくらカメラ内部に水滴が入らなくても、カメラ周囲に悪い影響がありそうだから。 そう思うと、X-A1は自由です。 決して雑に扱っているわけではありませんが、積極的にどこにでも持って行きたいって思えるカメラです。 高価なカメラも持ち出さなければ、ただの盆栽 高価なカメラを購入すると、ついつい大事にしすぎて防湿庫に安置してしまいます。 デジタルカメラは電化製品でもあります。 使わないと、どんどん時代に風化してしまいます。 高価なカメラを買うより、安いカメラで撮影を楽しんだ方が勝ちです。